「さよなら絶望先生」おもしろいですー

ガソリンスタンドでオイル交換してもらっている間に、恐る恐る(笑)手にした「少年マガジン」
しょこたんのグラビア(パラパラ写真つき)に、なんだこりゃーとまず突っ込んでおいて、漫画作品を読むでもなく、眺めていました。
「少年マガジン」なんて、ほとんど読んだ記憶がないんですよね。

まー、どうでもいいかーと思って本棚に返そうとした時、ほかの作品と比べてその絵の下手さがかえって目を引いて読んで見たのが、久米田康治さんの「さよなら絶望先生」でした。
いやいやよく見ると、けっして下手な絵ではありませんでした。
スッキリした線のしゃれた画風が他の作品と異色だったのですね。
なにより内容が面白かったです。
単行本が5巻まで発売中ということで、さっそく買いに行きましたよ。

うむうむ、よいよい。
1巻目から面白いです。
この分では、残り4巻をまとめ買いしそうな予感(笑)
c0039010_2123252.jpg

さてこの写真が最近購入した本です。
漫画が多いですね。
一時はほとんど小説ばかりだったのが、いつか逆転。
8割は漫画になっちゃいました。
[PR]
by marine7marine | 2007-02-03 21:25 | マンガのあれこれ
<< ニコニコ動画(β)という動画サ... 神戸新聞の「まんが館」ってある... >>