愛犬とお別れ

そうだった。
このブログの最初の記事はうちの愛犬、クッキーの写真を使ったんだっけ。
始めたばかりで何を書いていいのか迷った挙句使ったクッキーの写真。
そのあとも何度か登場したクッキー。

そのクッキーがきのう死んでしまいました。
14年と5ヶ月でした。

この3週間ほど寝たきりでしたよ。
毎日見ているとかわいそうだったけど、「いっちょまえに寝たきりになりやがって~」
なんて思うとなんだか、おかしいやら、かわいいやら。

だんだんえさも食べなくなって。
なぜなんだろ?えさを口の近くに持っていくと食べようとするのに口に入れると吐き出してしまうようになってしまって。
おなかが空いているのに、口にすると体が受けつかないという感じ。
さいごには、目の前にあるものに何でも噛み付くようになったんですよね。
かけてある毛布にも、自分の前足にも噛み付くし。

ある日、わたしは噛み付かれるのを承知で自分の手をクッキーの目の前へ持っていってしまった。
なぜだか、不思議なんだけど、そうしなくてはいられなかったんです。
思いっきりひとさし指を噛まれたよ。
めちゃくちゃ痛くて涙が出て、指は血がにじんだ。

「この痛さは絶対わすれないからね!」
そう言いながら痛みのせいではない涙が止まらなかった。
c0039010_3124533.jpg

そのクッキーも今はダンボールの棺の中です。
なんだか笑顔に見える横顔。
ずっと外に出てなかったので、元気な時よりもきれいな毛並み。
前足でリラックマのぬいぐるみと、チュッパチャップス(ドッグクロップスというものでした)を2本抱いているクッキー。
枕元には花を飾られ、CDで「虹のかなたへ」を繰り返し聞かせてもらっているクッキー。

墓碑銘の言葉を考えていました。

 クッキー
 あなたはわたしたちの家族でした


(2月11日)
みなさんコメントありがとうございます。
レスは後ほどさせていただきますね。
クッキーの棺の中の様子、写真だとあんまりなので(笑)「手がきブログ」で絵に描きました。
こちらです

(2月12日)
クッキーの体がまだ家にあるときは、見るたびにかわいそうで泣いてしまい、いなくなった今はぽっかり心に穴が開いたような感じです。
思いのほか大きな存在だったんですね。
いくらでも時間があったのに、皆さんのコメントにお返事しようと思いながら、キーボードの手が止まってしまいます。
「マンガ読もっ!」内でいただいたコメントには、何とかレスしましたが、そこで力尽きましたw


(2月13日)
えーいもう!落ち込まないようにと思ってもだめです。
とにかくレスだけはさせてもらって、あと、好きなだけ落ち込むことにしました!(きっぱり)
思いっきり、うじうじとクッキーのことを引きずってやるぞ~(笑)

[PR]
by marine7marine | 2008-02-10 03:32 | まりねごと
<< 「笑っていいとも」赤毛のあんち... この人だれ? >>