まりねこ通信

marine7mar.exblog.jp
ブログトップ

愛犬とお別れ

そうだった。
このブログの最初の記事はうちの愛犬、クッキーの写真を使ったんだっけ。
始めたばかりで何を書いていいのか迷った挙句使ったクッキーの写真。
そのあとも何度か登場したクッキー。

そのクッキーがきのう死んでしまいました。
14年と5ヶ月でした。

この3週間ほど寝たきりでしたよ。
毎日見ているとかわいそうだったけど、「いっちょまえに寝たきりになりやがって~」
なんて思うとなんだか、おかしいやら、かわいいやら。

だんだんえさも食べなくなって。
なぜなんだろ?えさを口の近くに持っていくと食べようとするのに口に入れると吐き出してしまうようになってしまって。
おなかが空いているのに、口にすると体が受けつかないという感じ。
さいごには、目の前にあるものに何でも噛み付くようになったんですよね。
かけてある毛布にも、自分の前足にも噛み付くし。

ある日、わたしは噛み付かれるのを承知で自分の手をクッキーの目の前へ持っていってしまった。
なぜだか、不思議なんだけど、そうしなくてはいられなかったんです。
思いっきりひとさし指を噛まれたよ。
めちゃくちゃ痛くて涙が出て、指は血がにじんだ。

「この痛さは絶対わすれないからね!」
そう言いながら痛みのせいではない涙が止まらなかった。
c0039010_3124533.jpg

そのクッキーも今はダンボールの棺の中です。
なんだか笑顔に見える横顔。
ずっと外に出てなかったので、元気な時よりもきれいな毛並み。
前足でリラックマのぬいぐるみと、チュッパチャップス(ドッグクロップスというものでした)を2本抱いているクッキー。
枕元には花を飾られ、CDで「虹のかなたへ」を繰り返し聞かせてもらっているクッキー。

墓碑銘の言葉を考えていました。

 クッキー
 あなたはわたしたちの家族でした


(2月11日)
みなさんコメントありがとうございます。
レスは後ほどさせていただきますね。
クッキーの棺の中の様子、写真だとあんまりなので(笑)「手がきブログ」で絵に描きました。
こちらです

(2月12日)
クッキーの体がまだ家にあるときは、見るたびにかわいそうで泣いてしまい、いなくなった今はぽっかり心に穴が開いたような感じです。
思いのほか大きな存在だったんですね。
いくらでも時間があったのに、皆さんのコメントにお返事しようと思いながら、キーボードの手が止まってしまいます。
「マンガ読もっ!」内でいただいたコメントには、何とかレスしましたが、そこで力尽きましたw


(2月13日)
えーいもう!落ち込まないようにと思ってもだめです。
とにかくレスだけはさせてもらって、あと、好きなだけ落ち込むことにしました!(きっぱり)
思いっきり、うじうじとクッキーのことを引きずってやるぞ~(笑)

[PR]
トラックバックURL : https://marine7mar.exblog.jp/tb/8197108
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 心のカケラ(2004.1.. at 2008-02-18 17:29
タイトル : たんたんのこと 「愛犬とお別れ」 まりねこ通信より
愛犬とお別れ 偶然拝見した、こちらの愛犬の画像。 日記を読んで、たんたんのことを思い出し・・・涙 初めて訪問した方だったし、 事情が事情なので、と思いながら、 たんたんへの思いを詩に書いていました。 あらためて、TBは直接は出来ないみたいなので、 こちらにさせて頂くことに。 幸い、私ほど酷く引きずらないで済みそうで良かったです。 どんなに落ち込んでも失われた命は戻って来ません。 そんなこと、重々承知しているのに、人間ってなんて愚かなのかなあ、、 と自分のことを思っ...... more
Tracked from ひいろお倶楽部@ at 2008-02-19 19:50
タイトル : 動物をこよなく愛した男・ブルチェックの言葉
こんばんは、Gです。 昨日のプロペラカブトの記事で出た熱が 今夕ようやく若干ですが下がり始めました。やれやれ・・・。 今日の記事はですね、 記事にしてあげるべきかどうかをずーっと考えてたのですが Gの気持ち的にはアップしてあげたいという気持ちが強いので 本日に記事アップを踏み切りました。 最近Gは複数の友人のブログの弔問コメントに訪れる機会が多い時期がありました。 個人的なプライバシーもあるので明確な事はここでは書きませんが、 ご親族の方々の他にペットなどといった...... more
Commented by _kyo_kyo at 2008-02-10 03:53
偶然お邪魔しました。
私も去年の夏に最愛の猫を事故で亡くしました。
その時の痛みとまりねさんの指の痛みがリンクするようで、
思わずコメントしてしまいました。

クッキーは寿命をまっとう出来て、
きっと幸せだったろうなって思います。
みんなに愛されて、笑顔のような横顔がきっとそれを物語っていますね。
それでも残された者はやはり悲しい。
それできっと良いのでしょう、辛いけれどきっと良いのだろうって思います。
クッキーのご冥福をお祈り致します。
Commented by marine7marine at 2008-02-10 04:14
kyo kyoさんはじめまして。

ありがとうございます。
kyo kyoさんのコメントを見て、また涙でした。

きのうまで三日間風邪で寝込んでいて、まだ体調が万全じゃないのに眠れません。
さっき一眠りしたんですけど、眠って夢を見ているときはクッキーが死んだことは忘れているんですよね。
目が覚めて、クッキーがもういないんだと思うとものすごく寂しくなって記事を書き始めました。

そうですね、生まれてすぐに殺されちゃう犬もいるんだし。
孤独死して、何ヶ月も見つけてもらえない人間だっているんですからね。
寝たきりになってからも、毎日体の向きを変えてもらって、タオルで体をふいてもらって。
幸せな犬だったと思います。
Commented by toutou_net at 2008-02-10 08:20
それは寂しくなりますね~><
でも、まりねさんに最後まで可愛がられてたみたいで、
クッキーは幸せだったと思いますよ。
ご冥福をお祈りいたします。
Commented by gun_gun_G at 2008-02-10 10:28
自分の周りでも犬を飼ってる方は多いですが、
(自分も犬は好きですし)10年以上前だったろうか、
自分の友人のお父さんが若くしてガンで亡くなられまして。
友人は実家継ぐ都合で今も実家から離れてないのですけど、
それからしばらくしてかな、友人のお母さんが犬を飼い始めて。
ポメラニアンでね、可愛い奴なんですわ。
今は2匹になってると友人が嬉しそうに先日話してましたが、
まあ団地で犬とかは通常飼えないと皆がわかってても
そういう形で新しく家族が増えるってことはね、
やっぱ、皆も良い事なんだと思ってるんですよ。きっと。
ポメラニアンがいなくなった場合を心配してるくらいだし。
ケースは違うし、うまく言葉に出来ないんだけど
犬をはじめとする動物だって強い絆を持った家族なんですよね。
クッキーの訃報を知って改めて強く思う次第です。
同じ言葉の重複だけどクッキーは幸せだったと自分も思います。
合掌・・・。
Commented by きぬ at 2008-02-10 14:10 x
すごく身近な存在を失うというありえない喪失感は、第三者がいくら想像しても計り知れないものですし、どんな慰めの言葉でも、ぽっかりあいてしまった心の穴を塞ぐことは到底できないかもしれません…。
けど、あえて言わせてください。

ご冥福をお祈りいたします。

(私もすごく仲が良かった犬が亡くなったときの事を思い出してしまいました…)

「サイハテ」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2053548
Commented at 2008-02-10 16:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by _kyo_kyo at 2008-02-11 00:48
お返事有り難う御座います。

最初、書いてよいものか迷いながら書きましたが、
お返事頂けて良かったです。

まりねさんがあんまり悲しんでいると、
きっとクッキーも心配するでしょう。
かく言う私も随分引きずってしまいましたが・・・

まりねさんのコメントを読んでいて、
思わず、また彼(愛猫)への思いを詩に書いてしまいました。

本当はTBさせて頂けたら良いのでしょうが、今はきっとまだお辛いでしょう。
私の詩を読んだらまた泣かせてしまうかも、、と思い、
詩だけをアップいたしました。

いつか少しだけでも元気が出たら遊びに来て下さい。
そしてもし良かったらその時、新ためてTBさせて下さいな。
Commented by gun_gun_G at 2008-02-12 06:40
大事な存在がフッといなくなった時はそういうものだから。
いなくなって初めて気づく事であり教えてくれるものなんです。
今は無理せずその状態でもいいんです。
泣きたい時に泣かないと後悔する事もあるし。
ゆっくり、ゆっくりと、ね。
Commented at 2008-02-12 10:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marine7marine at 2008-02-13 01:32
とうとうさんこんばんは。

ありがとうございます。
さみしくなっちゃいましたー
朝、食べ残した食パンの耳をクッキーにあげよ…
そうかー、もういないんだー

なんて瞬間がね。
Commented by marine7marine at 2008-02-13 01:45
きぬさん、ありがとうございます。

寝たきり犬になっちゃってから、あまりいい天気の日がなかったので、ひなたぼっこも少ししかされられなかったのが、最後の心残りです。

ミクの歌声はけっこう心にしみこみますね。
お別れ日和かー
Commented by marine7marine at 2008-02-13 01:50
かぎさんこんばんはー

>天国で元気に走り回っている…

うん、なんだかそんな気もしてきました。
だって、苦しくて、痛くて、わんわんほえ続けていたクッキーより、息を引き取ったあとの見た目が、どんどんきれいになって行って、表情も元気なときの、眠っている表情だし、あー楽になったんだなーって思えましたからね。
Commented by marine7marine at 2008-02-13 01:57
kyo kyoさんこんばんは。
ブログのほうにもあの日、お邪魔したんです。
あー、詩を書かれる人なんだーって。
新しくできた詩、また読ませていただきます。

このさい、おもいっきり悲しんで、ひきずってやることに決めました。
そうすると返って、少しすっきりしましたよ。
ありがとうございます。
Commented by marine7marine at 2008-02-13 02:05
Gさま、2回もコメントありがとうございます。

クッキーのことを忘れなくちゃと思っていたのは間違いですね。
よけい落ち込むばかりでした。
積極的に(?)悲しんで、ずるずる引きずってやるんだー!と思ったら、なぜかすこし気が楽になっちゃいました。

このあとしばらく明るく落ち込んでみます。
Commented by marine7marine at 2008-02-13 03:34
カギさんこんばんは。

カギさんの愛犬の絵、覚えていますよ。
そうなんだ、天寿を全うしたわけじゃなかったんですね。
余計にかわいそうだったでしょうね。

クッキーが寝たきりになってから
「おーい、もう一回散歩に行こうよ」ってリードを見せて話しかけたりしました。
「もう一回ぐらい元気を出して、歩けよ~」
「最後の散歩ぐらいできる元気もないのか?」
なんて話しかけてると、もうたまらなくなって、涙涙でしたね。
あー、もう、これを打っているとまた、涙です。

いやいいんです。
もうなんだか泣くのが快感になってきちゃってますから

積極的に泣いてやるぞー(笑)
Commented by gun_gun_G at 2008-02-13 03:51
まりねさんのコメント見て少しホッとしました。
かなりの落ち込みようでしたので心配してました。
こうなってしまうと危険ですので。↓

ペットロス症候群
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%B9%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

http://pet.sakura.ne.jp/loss/petloss.html

ブログ上の友人で可愛がってた野良の子猫2匹が
9日に亡くなり昨日弔問コメントに行ってたのですが
その友人もこちらの件を知り
ペットロス症候群に触れくれぐれもご注意を
とお伝え下さいと仰ってました。

でも、明るく泣ける?ようになってよかったです。
時間をかけてゆっくりいきましょう、ね。
Commented at 2008-02-18 17:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gun_gun_G at 2008-02-19 19:55
どうしようかとは思いましたがGなりの弔いはさせて頂きましたので
トラバという形をとりました。複数の友人宛になってます。
不要と判断された場合は消去されても構いません。
Commented by marine7marine at 2008-02-21 19:18
カギさんとGさま、トラバありがとうございます。

こんなにたくさんの人にお悔やみを言ってもらえる犬はそんなにいるものじゃないですよね。
本当にうれしかったです。

がまんをせずに、全力で悲しんだほうがよかったみたいです。
by marine7marine | 2008-02-10 03:32 | まりねごと | Trackback(2) | Comments(19)

飯間まりねのブログ


by marine7marine